Technology差別化された技術力

iO MOLD TECHNOLOGYでは、常に最新の技術を駆使し、金型の設計・製作に取り組んでおります。

製品生技性検討 生産設計時

※下記、生技性検討実施
◎型設計性 ◎型加工性 ◎型組立・解体性
◎型仕上性 ◎型構造機構性 ◎型耐久性
◎成形性 ◎製品離形性&取出し性 ◎製品意匠性
◎成形不良予測回避 ◎GAS巻き予測回避 ◎COST低減性
 等

型設計時

※型構想設計時、下記、加味し徹底的に実施確認
◎型仕様&生産工場仕様
◎型PL設定

・バリ&成形不良等が出難いPL設定
・型カジリ&破損し難いPL設定
・型修正&メンテ性がし易いPL設定
◎型材料、成形樹脂材料 ◎型強度&型座屈強度計算
◎その他計算 ◎型冷却性 ◎型熱処理
◎HOT RUNNER関連 ◎型LAYOUT&バランス最適化
 等

型製作時

※型製作時、 下記、徹底的にフォローUP
◎NC(M/C)加工時
・カッターパス最適化確認実施
◎EDM加工時 ◎型仕上げ時 ◎型組立調整時 ◎工程管理 等

試作TRY時

※試作TRY時、 下記、加味し徹底的に実施確認
量産成形条件&成形サイクルを意識した、
◎成形条件出し
◎成形条件幅の尤度ある条件振り

・条件振りによる成形性&製品品質確認
◎製品離形性&取出し性 ◎型機構作動&異音等
◎型PL当たり ◎電気信号
◎HOT RUNNER関連 作動&電気信号
 等

試作TRY後

※試作TRY後、 下記、徹底的に実施確認
◎製品品質&不具合部の確認 ◎金型全解体による全ての型部品確認
◎製品&型品質・成形性結果を徹底的に分析し、即、対応指示&即、型玉成実施